内視鏡の話


今回は、胃カメラ・大腸カメラ等の内視鏡検査の話。

皆さんは、内視鏡検査を受けたことありますか? カメラを体の中に入れるというと辛い検査と思われている方も、少なくないかと思います。

ところが辛いことはありません。私自身がこれまで数回、副院長の胃と大腸の内視鏡検査をうけましたが、とても楽でした!!検査中も、スタッフとおしゃべりしていたほどです。

当クリニックは胃カメラに鼻からも挿入できる経鼻内視鏡を使っていて、太くありません。また大腸カメラは、当クリニックでは患者さんに静脈麻酔を使いますが、私は麻酔無しでも、ほとんど痛みはありませんでした。

そして内視鏡検査は、検査するドクターの技量も問われます。副院長はかつて勤務していた虎の門病院で、少しでも辛くない内視鏡検査を出来るよう、トレーニングを受けました。

これらの検査は、胃癌やそれに関係するピロリ菌の検査、また現在増加傾向の大腸がんを診断する、大切な検査です。早期発見が、大きな手術ではない内視鏡治療などの侵襲の少ない早期の治療につながります。

おなかの調子が気になる方は、一度内視鏡検査をご検討下さい。

カテゴリー: 院長より パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*