消化器内科 (消化管疾患、肝・胆・膵疾患など)

消化器内科では消化管(食道、胃、十二指腸、小腸、大腸)、肝臓、胆嚢、膵臓などに関係する疾患を取り扱います。これらの臓器に不調が生じると、腹痛や吐き気・嘔吐、食欲不振、胸焼け、下痢、便秘、黄疸などお腹まわりに関しての何らかの症状が起こります。

消化器疾患の主なものは以下になります。

  • 胃・十二指腸潰瘍
  • 慢性胃炎(ヘリコバクター・ピロリ菌)
  • 過敏性腸症候群
  • クローン病
  • 急性虫垂炎
  • 慢性肝炎(ウイルス性肝炎(B型、C型)、
    自己免疫性など)
  • 脂肪肝
  • 急性膵炎
  • 胃食道逆流症(GERD)
  • 胃、大腸ポリープ
  • 潰瘍性大腸炎
  • 腸閉塞
  • がん(食道がん、胃がん、大腸がん、肝臓がん、胆嚢がん、膵臓がんなど)
  • 肝硬変
  • 胆石症
  • 慢性膵炎 など

その他多数の疾患があります。

以下の症状について、お気軽にご相談ください。

  • 腹痛
  • 体重減少
  • 便秘
  • 胃もたれ
  • 血便(下血)
  • 黄疸 など
  • 食欲不振
  • 下痢
  • 胸焼け
  • 吐き気・嘔吐
  • 背部痛

消化管内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ)、腹部超音波検査は、
それぞれの専門医である副院長が診察・検査を行いますので、安心してご相談ください。
上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)について(PDF)
下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)について(PDF)
腹部超音波検査について(PDF)

※消化器内視鏡検査は予約制となります。受付までお問い合わせください。

※副院長の外来数が現在少ないため、ご迷惑をおかけします。消化器内科の診療は、院長も行います。上記の問題がある方で、副院長の外来時に受診できない方は、院長外来を、まず受診してください。その後、後日の副院長外来に引き継ぎます。